スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なかなか練習できなくても

バイオリンを始めて、今のところ最大の悩みが「家で練習時間がとれないこと」。

もっといっぱい弾いて上手になりたいし、いろいろゆっくり確認したいこともあるのに、
仕事から帰って家事を済ませて子供も寝て、さあ自分の時間だ、と思えるのは23時すぎ。
さすがにいくら消音器があってもその時間から楽器を鳴らすのは無理なので、
平日はほとんど練習できません。

もうこれが本当にストレスフル。
もちろんこのことは始める前から分かっていたことで、そのために上達が遅いだろうということも予想していました。
ここ数年、子供の手がもう少し離れるまではこんな調子で亀の歩みでぼちぼちやっていかなきゃと、頭では思っているんですが・・・。

せめてイメージトレーニングでもと、台所に立っている間はyoutubeでバイオリン曲を探しては聞きまくっています。もともとクラシック音楽は好きですが、バイオリン曲は今まであまり聞いてこなくて、「好きな曲」というのもオーケストラの曲とか、せいぜい弦楽合奏の曲ばかり。でもせっかくバイオリンを始めたので、バイオリン曲を開拓しようと思って、いろんな方のブログとかで「この曲大好き!」みたいな記載を見つけてはとりあえず聞いてみる、というのを繰り返しています。

そんなこんなで、しばらく前は、そうやって知ったバッハの「2つのバイオリンのための協奏曲」、いわゆるドッペルがとても気に入って、いろんな人の演奏を片っ端から聞いていました。

それがしばらく続いた後、バッハつながりでシャコンヌとか、シャコンヌつながりでヴィターリのシャコンヌとか、あとはレッスンでやっているセブシックの変奏曲をチェロ演奏で聴く日がしばらく続きました。

で、今はまっているのがクライスラーの「前奏曲とアレグロ」。

たいてい何か「これ」という曲にはまると、そればっかり聞く日が続くのですが、この曲に関してはありがたいことに70もの演奏動画が続く再生リストがあり、毎日飽きずにいろんな人の演奏を聴くことができています。お気に入りもそうでもないのもありますが、本当にこの曲、かっこよくて、心を揺さぶるような旋律で、何度聞いてもいい曲です。

そこでどんな曲なんだろうとネットで無料楽譜を覗いてみたら、いきなり3小節目に高い「ミ」が。
ファーストポジションしか知らない私には、そんな音どうやって出すかもわかりません。現状ではいくら頑張っても2小節ぶんしか音出しできない・・・。そしてそれすらまともな音で弾けません(笑)。

バイオリンの道は長いなあ。最初の3小節弾けるようになるのはいつになるやら。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きりん

Author:きりん
40代のワーキングマザーです。
2013年7月にバイオリンを習い始めました。
いつか憧れの楽器を素敵に弾きこなせるようになる日を夢みて練習してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。