スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーイングに及第点!

ようやくボーイングに及第点がつきました!

年明けのレッスンで物言い(?)がついてから連続4回、開放弦のボーイングのみのレッスンが続き、これはこの先一体どうなるんだと不安にかられていたのですが、昨日のレッスンでとうとうボーイング合格!ということになり、2ヶ月ぶりにレッスンで教本を開くことができました。

それまでずっと指摘されていたのは、弾く時に身体の重心が高すぎること、右腕や体幹部に余計な力が入ってしまっていてボーイング、特にアップのボーイングを邪魔していること、でした。4回ものレッスンの間、先生は色々と改善点を具体的に指示してくれていたのだけれど、どうにもそれらが消化できずに、やってもやってもなかなかOKが出ず、私的にはこれ以上どうしたらいいのか…と先が見えずにいた2ヶ月間でした。

そんな状態が続いていた上、昨日は訳あって散々運動してクタクタに疲れた状態でレッスンへ。全身筋肉痛で普通に歩くのも辛いという状況だったので、今日もまたボーイングだけで終わるかな…と思いレッスンに臨んだものの、まさかのボーイング合格。これは自力でスランプを乗り越えたと言うよりも、あまりの疲労のせいで余計な力の入りようがなかっただけなのでは…と、小心者の私はつい不安を感じたりもしています。

が、ボーイングにOKが出たおかげで、久々にレッスンで左手を見てもらい、弦を押さえたら手首を向こうに引っ張って弦を張るようにすること、そのように押さえれば1や4の指でもビブラートがかけられること、移弦の時には次の弦を弾くバランスを作っておくこと、スラーの使われ方と弾き方を習い、教本の「ちょうちょ」とスラーつきの「むすんでひらいて」を弾いて、次回までに途中をすっ飛ばして荒城の月を見てくるようにと指示が出てレッスン終了。久々に左手をつけて弾けたのもあり、盛りだくさんで楽しいレッスンでした。

レッスン中、いろんなビブラートの使い分けを説明するために、先生がG線上のアリアをちょこっと弾いてくれました。有名すぎて、今までそれほど有り難みもなく聞いてきた曲でしたが、こんなに目の前で演奏を聴いたのは初めて。ほんの数小節でしたが生の音に素直に感動してしまいました。自分のレッスンはいいからもっと弾いて〜と言いたいのをこらえておとなしくレッスン続行しましたが、あんなには弾けなくとも、自分も少しでも近づけるように頑張ろうと改めて思えた瞬間でした。

さて、次は荒城の月。先生も言う通りの名曲です。名曲を名曲らしく弾けるようになりたいものです。
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリン初心者へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きりん

Author:きりん
40代のワーキングマザーです。
2013年7月にバイオリンを習い始めました。
いつか憧れの楽器を素敵に弾きこなせるようになる日を夢みて練習してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。