スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原因は弦だった

ここのところ、D線が滑って弾きにくくて、音も響かない、というより音が出ないと言えるぐらいの酷さで、おまけに以前はすごくお気に入りの音が出ていたG線まで、なんとなく艶のない貧相な音になった気がして、この2本の弦を弾く度にイラッとするという、えらくストレスフルな1週間を過ごしていました。
この2本だけヘンってことは弓が原因ではないし、もうこれは弦が寿命なんじゃないの?と思ってネットで検索しても、弦が劣化すると弓が滑るなんて書いている人は誰もいません。前回のレッスンで先生に訴えた時も、駒と魂柱の位置が悪いかもということで、弦には疑いが向けられなかったので、ここはやっぱりもう1度先生に見てもらうまで我慢しようと弦交換の誘惑に駆られながら1週間我慢していました。

で、今日はようやく待ちに待ったレッスンの日。まずは先生が前から気になっていたらしく、駒の歪みと位置を直し、魂柱の位置も少し修正して立て直してくれたのですが、全体的に音は明るくなったもののD線は相変わらず滑りまくり。先生も首を傾げながらも、ここまでやって鳴らないのはおかしいと、とうとう試しにD線を替えてみたところ、これがまさにビンゴ!
今まで滑りまくっていたのがウソのようにちゃんと音が出るようになりました。先生も、確かに弦は寿命といっていい時期だけど、古くなったからと言ってこんな風に滑って音が出なくなるとは、と、意外に思ったようでした。
ようやく懸案事項が解決したので、スッキリした気分で帰宅してから低音弦2本を交換。明日あたり弦が落ち着くのが楽しみです。

今日のレッスンはそんなこんなで弾く時間は減ってしまいましたが、不調の原因そのものではなかったものの、魂柱を立てるところを見学するという貴重な経験ができました。
この辺りには弦楽器の工房もないし、もともと敷居が高そうでそういうお店に行ったことがないので、ちょっとした事ならこうして先生にお願いできるというのはとても助かります。
でもいずれ弓の毛替えもしなくちゃいけないし、いつかは工房というところに行かなくてはならないはず…。あんまり切羽詰まった状況でない時に偵察に行ってみたい気もします。
ま、来年になったら考えようっと!
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリン初心者へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

音がヘン!

最近D線が弾きにくくて、D線だけ弓に松脂を塗っていないみたいな弾きごこちで、音もこもっているように聞こえます。レッスンで相談したら、先生が駒の位置を少し直してくれて、それでだいぶ改善されたので驚きました。普段何気なく立ってる(?)駒ですがやっぱり大事なんですね。それでも以前と比べるとD線、G線の響きがまだ足りない気がします。先生曰く魂柱の位置が少し悪いのかも、ということでした。最近ということで原因として思いつくのは、消音器の使用頻度が高かったこと。いつも駒に磁石で巻きつけるタイプの消音器を使うのですが、磁石の力がかなり強いので、駒を倒さないように気をつけてはいたのですが、脱着の際にちょっとずつ駒とか魂柱が動いてしまっていたのかもしれません。消音効果にはとても満足していたのですが、もし今回の音質変化が消音器の脱着が原因だったら今後の使用を躊躇してしまいます…。とりあえず低音弦の音を何とかしたいなあ。

宿題たくさん~!

ここのところ、というのは半年ぐらいの間、荒城の月と、カイザーの1番をずっと見てもらっていて、どちらもなかなかこれでOK!という演奏が出来るようにならずに長い付き合いをしていたのですが、先日のレッスンで「晴れて卒業」とはならなかったものの、ようやく次の課題をもらうことが出来ました。しかも超大量に。

まず一つ目が、ファーストポジションで普通に弾けるようになったカイザーの1番を、今度はサードポジションを自由に使って弾けるように練習するという新メニュー。
課題としては、
①とにかくサードポジションで弾く、というのと、
②サードとファーストを自由に行き来して弾けるように、というもの。
これはどっちもすごいハードル高いです。①については、サードポジションで弾き始めても、指づかいが頭に入っていないので、ちょっと音が飛ぶといちいち考えてしまい、何分経っても終わりまで行き着きません。今までサードポジションで弾くのは音階練習でしかやっていなくて、先生には前々から「サードポジションは覚えるしかないですよ」と言われていたのに、いつまで経ってもちゃんと覚える気配がないから出された課題かもしれません。
②の、どこででもファーストとサードの間を行ったり来たり出来るように、という指示も、いったいどうしたらそんな境地に達するのか、見当もつかない状態。
1つめ、と言いながら、かなりヘビーな新課題です。

で、2つめの新課題が、カイザーの3番。2番は難しいから飛ばして3番に進む、ということなのですが、これがまた長い・・・。これはもちろんファーストポジションで普通に弾くのですが、それでも私にとっては長くて長くて、1ページ弱の1番でも長くて大変だったのに、3番は1ページ半ぐらいあって、いくら弾いても終わりません・・・。ようやくたどり着いた最後にはなんだか見たことない重音が並んでいるし。調弦の時ですら2本の弦を鳴らすのに苦労しているのに、左手もつけて、重音弾いて、すぐにまた別の音を弾くなんて曲芸、この私が出来るようになるんでしょうか。

それから篠崎の新課題が「春が来た」と「春の使い(いわゆる「カッコー」)」。なぜかどっちも春物・・・。まさか春までやりましょうってことではないと思うのですが、何となくそれもありがちな気もします。

これらに加えてフリマリーの音階教本でニ短調の音階とアルペジオが加わり、今までまったりと練習していたのが一転し、課題を全部通して弾くだけの時間も取れないという状況になりました。けれどこの状況というのは、「これ以上一体どうしたら良くなるんだろう?」という行き詰った感じじゃなくて、とにかく弾けば弾くだけできるようになる、という状態なので、これはこれでとっても楽しいです。出来るようになるかどうかは・・・また別問題ですが。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリン初心者へ
にほんブログ村

趣味を公言できますか



私はすごく小心者で、始めておきながらこんなことを言うのもなんですが、バイオリンを自在に弾ける自分、というものになれるのかどうか、まだ予測できずにいます。
このブログのタイトルも、今のレベルじゃ「バイオリンを弾くのが趣味」とは言えないなあと思ってつけたもの。(「習うのが趣味」なら言えるかもしれないけど。)
ヘタに「バイオリンが趣味なんです」なんて言った日には、「じゃあ何か弾けるんでしょ?弾いてみて!」って言われるかもしれないじゃないですか。自分だったらきっと言います。でもそんなこと言われたら困ってしまいます。だっていまだに「荒城の月」しか弾けないもの。それがまずひとつ。

それから、仕事関係の人には「バイオリン習い始めました」とはやっぱり言いにくい。もともと女性が少なくて、子育てをしながら働いている人はかなり少数派です。なので、ただでさえバリバリ働けていないのに、新しく趣味を始める暇があったらその分働いて業績を出せばいいのに、と思われそうで。客観的には事実なので別にそう思われてもいいはずなのですが、やっぱり小心者なのでそこはそう割り切れないのです。

さらに。近所の人にもできることなら「この人がバイオリン弾いてるのか」と思われたくない。もし家の外に音が漏れていたら、それもすごく上手ければ別ですが、初心者の練習の音なんて騒音以外の何物でもありません。その雑音の発生源として特定されたくない、とこれも小心者ならではの心理。

なので、気の置けない友人など以外の他人様には、「バイオリン習い始めました」とはなかなか公言できずにいました。

ところが、ひょんなところから、私の代わりにカミングアウトする人が出現したのです。
先日、期末試験が返ってきたと中1の娘が見せてくれた英語の答案。
「英語であなたの家族の1人の紹介をしなさい」という問題に、

My mother likes music.
She plays the violin.

と明記されておりました・・・。
「彼女は弾きます」って・・・。いや、弾くけど・・・。
中1のテストじゃ、「少しだけ」とか、「始めたばかりです」とか、そんな複雑なこと書いてくれるわけないからしょうがないのですが・・・。
これで担任の英語の先生にはバレました。
ま、1年に数回しか会わないから、別にいいんですけどね。
でも、音楽好きで、バイオリンを弾く母親、というのが娘に伝わっていることが、なんだか嬉しく思えた一件でもありました。
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリン初心者へ
にほんブログ村

未知の合奏のナゾ

私がバイオリンを始めたのは、オーケストラ曲や室内楽曲の、弦楽器の重なった音というのが大好きで、できることなら自分もあの響きの中に身を置いて音を合わせてみたいなあという気持ちが高じたから、というのがそもそもの動機です。

このことは、何かの折にバイオリンの先生にも伝えてあって、その上で先生には、オーケストラや合奏団に入るのは(たとえ初心者を受け入れてくれるところがあったとしても)もうしばらく待った方がいい、と言われているわけなのですが。

先日のレッスンでのこと。
自分の弾いている音をよく聴きなさい、という話からだったと思うのですが、オーケストラの中で弾いているときに聞こえてくる周りの音、というのは、観客として聴いているいわゆる弦楽器の重なった音とは違って聴こえるので、私が好きだと言っていたのとは少し違うかも、という話になりました。

レッスン中の話のついで、という感じの話題だったこともあり、そもそも合奏参加には「待った」がかけられている身なのでそれ以上突っ込んでは聞けなかったのですが、私としては非常に気になる内容でした。
合奏している時に聞こえる音は「私の好きな音」じゃない?
だとしたら合奏して「あの響き」を楽しみたいという私のそもそもの欲求は満たされないことになるではありませんか!

つまり、ホールやCDで聴く、複数の楽器の音が既に渾然一体となった音と、個々の楽器から発されたばかりの音を至近距離で聴く、というのでは、聞こえ方が違うということなのかもしれませんが、後者は実際どういう風に聞こえるものなんだろうか??

そもそも「合奏」というものを、何十年もやっていない私にはどうもピンときません。
高校の課外授業で弦楽合奏に参加した時は、初めて弦楽器を手にして数か月で合奏しようという無謀な(?)授業だったこともあり、自分のパートを弾くのに精いっぱいで、周りの音がどう聞こえていたかも覚えていないし、ましてや合奏全体の音がどうなっているかなんて気が回らなかった記憶がありますが、それはあまりにも低レベルでちょっと話が違うような気がするし・・・。

合奏の中で音を聞いてみたいけど、それが自分の好きな音じゃなかったらどうしよう。でもそれを確かめるにはもっと上手にならないといけない・・・。
なんだか変なジレンマ(みたいなもの)を感じるこの頃です。

いつの日か、バイオリンが上手になって合奏する機会に恵まれたら、考えていたのとは多少違ってもいいから、弦楽器の音に囲まれて、わあ、いいなあ!と思えるといいのですが…。
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリン初心者へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きりん

Author:きりん
40代のワーキングマザーです。
2013年7月にバイオリンを習い始めました。
いつか憧れの楽器を素敵に弾きこなせるようになる日を夢みて練習してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。