スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自宅練習

ゴールデンウィーク。
仕事はカレンダー通りにお休みなので、ああバイオリン弾きたい!と思うのだけど、休みともなれば当然保育園児の甘えん坊も家にいるわけで、なかなか母に好きなことをさせてはくれません(泣)。

とは言ってもなんとかやりくりして弾くと、せっかく弾いたのに、改めて、ヘタだな~と実感。
決して難曲を弾いているわけではありません。
ごく身分相応の(?)、教本にある「荒城の月」とか「春の小川」といったレッスン中の曲を弾いているのです。
教本1巻にあるのだから、当然、初めて数か月の人が弾く曲としてここに配置されているのであって、大して経験も技術もない人でもちゃんとやればこれぐらいはキレイに弾けるはず、いや、弾きなさい、ってことだと思うのだけど・・・。
これを自分が弾くと、どうも垢抜けない感じ。ところどころ音程もずれるし、移弦もスムーズじゃないし、なぜか左手で弦を離す瞬間に微妙に弦をはじいているらしくて余計な音が出てしまう。
子供のころピアノで「赤バイエル」を弾いてた頃の方がまだ完成度が高かったんじゃないかと思うほど。

そういえばレッスンでは右手のボーイングや左手の押さえ方など、曲以前の「音の出し方」が課題になることが多い、と思うと、やっぱり自分のバイオリンのレベルは曲がどう弾けるというレベルではなくて、未だに「音の出し方がなってない」レベルってことなのかと突然気が付いた。
でも「音の出し方」っていうのは曲の聞こえ方とは違って自分ではなかなか悪い点に気付けない、という難しさが・・・。

結局自分ひとりで練習しているともやもやしてきて、あ~早くレッスン行って見てもらいたい!と思うところで練習終了となるのが最近のお決まりとなっています。
ところが今週はレッスンがないんだな。この後1週間以上もやもやする予定です(笑)。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリン初心者へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

きりん

Author:きりん
40代のワーキングマザーです。
2013年7月にバイオリンを習い始めました。
いつか憧れの楽器を素敵に弾きこなせるようになる日を夢みて練習してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。