スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教本オトナ買い

毎日暑いです。
だからというわけではありませんが、バイオリンのレッスンは2ヶ月ほどお休み。
レッスンに行かず1人で弾いていると、担任の先生がお休みの日の中学生の教室のように、だんだん課題曲にも飽きて気が緩んできます。

最初からこうなることは目に見えていたので、休み前に先生に、レッスンお休みしている間、何か他の曲も弾いてみて良いですか?と尋ねてみたら、弾きたい曲があったら楽譜を用意して弾いてみていいですよとあっさりOKが出ました。
うちの先生はとにかくちゃんと弾けないと何ヶ月でもずーっと先に進ませてくれない(当たり前といえば当たり前なんですが)ので、次から次へと奏法上の課題が湧き出る私の場合、何ヶ月も1曲とか2曲とかしか弾かない(弾けない)ことがザラ。
なので常に目新しい曲が弾きたくてしょうがないのです。

さて、好きな曲を弾いていいんだ!と自由な気分だけ味わっていてもしょうがないのと、7月で大体仕事の忙しさも一段落したので、ここへきてようやく何を弾こうか考え始めました。
弾きたい曲はいっぱいある。篠崎の教本に乗っている曲はほとんどが"by Shinozaki"なので、いわゆる古典的な名曲に憧れがあります。
でも問題は、どの曲がどの程度の難易度で、自分がどこまでなら何とか弾けるのか、皆目見当がつかないということ。
先生に次はこれ、と言われて弾く曲は、いまの私にこれぐらいなら弾けるってことだろうという安心感があるので頑張れますが、その安心感がない曲に手を出すのは、すぐに挫折するんじゃないかとか余計なことまで考えてしまい、なかなか勇気が要ります。

ということで、手近な解決策として、自分が使っていない教則本を買ってみることにしました。
あれこれ考えていてもとにかく見てみないことには分からないので、新しいバイオリン教本3とスズキの教本3とホーマンの教本2をネットで注文。
最初はそれぞれもう1巻ずつ易しいのを買うつもりでしたが、まあ難しすぎたら弾けるようになるまで飾っておいて、易しいのを買い足すつもりで、まずは背伸びして魅力的な曲が満載の巻を見てみることにしました。

ホーマンはともかく、いまのところ、特に弾いてみたいのは何と言ってもバッハの曲。
幼少の頃、多分どこかでよく耳にしていたのか、ピアノの音といえばショパンなどよりもバッハのイメージだったので、音楽といえばまずバッハ、みたいな感覚が未だに抜けません。
ところが自分でピアノを習っていた時、そろそろバッハを弾きましょうかと先生に言われて、やった〜!と思った直後にピアノを止めることになったので結局自分では弾けずじまい。
そんなわけで未だにバッハの曲への憧れが強いのです。
バッハは音程が悪いと聞くに耐えないとどこかで見たので、音程が不安定な今の自分には難しいかもしれないけど、とにかく、遊びでもいいから好きな曲を弾いてみるチャンス!
レッスンがなくて腕が落ちる不安は抱えつつも、この機会を楽しみたいと思います。

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリン初心者へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

それぞれ特徴があります。

教材を集めるのが趣味ならいいですけど、新しいバイオリン教本3、スズキの教本3、ホーマンの教本2、それぞれ特徴があります。
新しいバイオリン教本3は、レベルけっこう高いです(スズキの教本5くらいの曲も入っています)
ホーマンの教本2は、1もそうですが、先生が一緒に弾いてくれないと、あるいは見てくれないと、間違って覚えてしまう危険があります。
私の場合だと、5時間かけて練習(自習)しても、それが間違っていた場合、直すのに10時間以上かかります。
あえてチャレンジするならスズキの教本3ですかね。CDも付いているし、きれいな曲も多いし。
頑張ってください。

ちさこさま

いろいろ有益な情報を教えて頂き、どうも有り難うございます。
まさにそういう情報が欲しかったのです!
が、これらの教本全てが取り揃えられているようなお店に行って中身を見るということができず、本ごとの特徴が全然分からないので、とりあえず各種難しいのから順番に入手するという荒っぽい(笑)手段をとることにした次第です。
結果的にもっと易しい巻が必要になり、おっしゃるとおり「趣味の教本集め」状態に陥る可能性もけっこう高いのですが、ボーナスの季節、ちょっと気が大きくなっているのかも、です。
キケンですね。

今日あたり実物が届くはず。
実際に楽譜を見るのが楽しみなようでもあり、怖いもの見たさ的なドキドキもあり…な感じです。
私の場合、独習しようとしても、なんだかんだ言ってそこまで深入りできないかもしれないですが、
独習の危険は確かにあると思うので、手を付ける時は気を付けながらトライしてみます!
よろしければまた今後の展開を覗きにいらしてくださいませ。

教本について

こんにちは!きりんさんが買われた教本、全部持っていますよ(^O^)
新しいバイオリン教本3巻は、けっこう難しかった覚えがあります。4巻じゃないよね!?と何度、表紙を確認したことか(笑)
スズキの教本3巻は、少しずつ難しくなっていきます。ラストの曲は、バッハのブーレです。
ホーマン教本2巻は、おそらく易しすぎると思います。この教本は先生と合奏したほうがいろいろ勉強になると思います。
参考にしてみてください(^_^)v

かなさんへ

かなさん、こんばんは!
これらの教本を全部お持ちなんですね!
教本が先ほど届いたのですが、かなさんのコメント、とても参考になります。
確かに新しい〜の3は難しそうな曲が多いですね。
並べてみると、1冊にしか取り上げられていない曲と、あっちでもこっちでも収録されている曲とがあって、やはりいろんな教本を比べてみるのも結構楽しいです。
何曲か、これは弾いてみたい!と心惹かれる曲も見つけました。
まだ弾いてみてはいないので、実際にどれくらい歯が立つか分かりませんけど、ちょっとわくわくします。
どうぞまた色々教えてくださいませ!よろしくお願いします。
プロフィール

きりん

Author:きりん
40代のワーキングマザーです。
2013年7月にバイオリンを習い始めました。
いつか憧れの楽器を素敵に弾きこなせるようになる日を夢みて練習してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。