スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイオリンケースその後の顛末

ここのところ、まるで貝のように黙り込んでいたので、しばらくぶりの更新です。
バイオリンは、好きなだけという訳には行きませんが、相変わらず細々と練習しています。
そして、最近超多忙な先生のスケジュールの合間を縫うようにして、たまーにレッスンをお願いしています。

という感じで、少しユルい感じのバイオリンライフを送っていたところ、先日、ネット通販のサイトでバイオリンケース安売りの広告を見つけてしまいました。
今まで使っていたのは、先生に楽器を譲っていただいた時についてきたケースで、それも結構気に入っていたのですが、何となく自分で選んでみたいという思いがわいてきて、それほど必要にかられていた訳でもないのに、初のバイオリンケースを買ってしまいました。

バイオリンケースと言えば、学生時代に音大生の友達が持っていた布張りのケースがカッコよくて、そんなのに憧れるけど憧れが強すぎておこがましくて自分では手が出せない、みたいな記事をここに書いたことがあります。
で、今回、やっぱりそんなのは買えなくて、というか、安売りサイトには自分が憧れるようなケースは出ていなくて、結局何の思い入れもない、硬質の現代的なごく普通のケースを選びました。

届いたケースを早速レッスンに持って行ったところ、本当はそんなに思い入れがなくてもこっそり持っていきたい気分だったのですが、部屋に入るなり開口一番「ケース変えましたね」・・・あっさり気付かれました。
で、ついでにということで、先生が使っているケースを見せていただきました。
そういえば、レッスンの時、先生のバイオリンはいつも見ているけど、部屋にはいつもバイオリンだけが置いてあるので、ケースをあまりじっくり見たことはなかったのでした。

ところがこれを今回改めてよーく見てみてびっくり。
私が大学時代に憧れたのとそっくりだったのです。
布と革の色が違うのと、先生の方がだいぶ年季が入ってはいますが、基本的なデザインはほぼ同じ。
聞いてみると、イタリアの有名なケースなのだそうで、昔はそうでもなかったけど一時かなり流行って、それ以来今でも相当高価だと言うことでした。
道理で格安ネットショップには陳列されていないはずです。

それでもまだ本当に同じものかどうか、確信は持てずにいたのですが、家に帰ってからネットでプランド名を検索してみると、まさにどんぴしゃりコレ!という、友人が持っていたのと色まで同じ憧れのケースがヒットしまくりました。
ここで、手が出せる値段だったら、慌てずこっちを買えば良かった~!と後悔するのかもしれませんが、幸いなことに(?)このメーカーの品はどれも、ケースのためにここまでの出費はあり得ない、というお値段。
何というか、カッコいい人を好きになったけど、身分が違いすぎてあっさり諦めがついたという気分でした。
憧れのケースの素性が、ひょんなきっかけで明らかになって、しかもすうっと自分の手の届かないところに行っちゃった、という予想外の結末に。
でもまあ結果的には大きな後悔もせずに済み、20年来の謎も解けて、よかったのかな、と思っています。

で、バイオリンの腕はケースを替えても変わるわけもなく、こちらは本当に相変わらずボーイングがまだまだ~とダメを出され続けて1時間余。
わずかな回数の成功体験の記憶よりも、ダメダメ体験の記憶の方が強烈で、うちに帰ってから成功体験が再現できません。
考え始めると悩んで弾けなくなりそうなので、とりあえず、先生が見たらダメっていうかもしれないけど、次にレッスンに行けるまで、自分なりに弾き続けていようと思っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

きりんさんへ

こんばんは。わたしはスーパーライトの紺色を持っています。数ヶ月前、ネットのコミュニティでアンサンブル会があり参加したところ、スーパーライトを使っている方が多くてびっくりしました。きりんさんはどちらのケースを買われたのですか?よかったらでいいので教えてください(^_^)

こんばんは

きりんさん、
ご無沙汰しています。
私も昔先生や上手な人が決まって持っていた四角いケースに憧れて、再開する前にGewaのケースを新調したので、お気持ちよくわかります。

結局Gewaのケースは重いし傷つけたくなくて、レッスンに行くときだけ持って、普段は捨てるつもりで捨てられなかった古い渋~い革張りのひょうたん型のケースを使っています。

しかし、大体何てもそうですが、ケースも値段が高いほどよく見えて困ったものですね(笑)

おはようございます!

きりんさん、おはようございます!
お元気そうでなによりです。あこがれのケース超お高いものだったんですね。
わたしもその後、川井郁子さんが肩にかけていらっしゃったショルダータイプの角ケースに少し興味があります。ケースにあこがれるきりんさんのお気持ちがわかるようになりました。

最近はPearlFluteというところのフルートケースカバーを買ってしまいました。とってもおしゃれですがお値段は5,800円でした。フルートケースカバーも革製とかブランドとかになると値がつりあがっていきそうですが、5,800円でこんな素敵なケースがあるのは驚きでした。(フルートの場合は楽器収納ケースが別にあって、それにかぶせるタイプのものと、収納ケースを兼ねるものと2タイプあるようです)
プロフィール

きりん

Author:きりん
40代のワーキングマザーです。
2013年7月にバイオリンを習い始めました。
いつか憧れの楽器を素敵に弾きこなせるようになる日を夢みて練習してます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。